連弾での本番

音楽
12 /07 2020
日本ブラームス協会主催のコンサート昨日無事に終演しましたー!

20201207112809e45.jpeg
(理事の西原先生、共演の橋本さん、譜めくりすとさんと一緒に)

思えば、これまで2台ピアノではあっても連弾での本格的なコンサートって
経験したことがなかったような…。
私にとっては、これまで連弾は気の合う友達と遊びの延長線上で
楽しむものだったので、今回ほど連弾でがっつり合わせをしたり、
重いプログラムを演奏することはなかったのです。
ですので、私にとっては連弾の面白みや難しさを改めて知る貴重な経験になりました。

まず何が難しいかって、普段は一人で弾いてるピアノを二人で
共有するわけですからとにかくパーソナルスペースが狭い!!
今回弾いた2曲が特にそうだったのだと思いますが、
まぁ演奏中にお互いの手が交差したり、
指がぶつかることがしょっちゅう。
譲り合いの精神と、いざとなったら相手の指を踏んづけてでも
自分のメロディーを弾き切る強さが必要でしょうか(笑)。
あとは、お互いピアノの中心位置に座れるわけではないので、
常に身体をちょっとひねりながら演奏することになります。
この態勢が地味にキツくて、この1カ月で私は腰や肩がバキバキに
なりました…(でもこれは私の日ごろの運動不足と加齢に
依るものかもしれません…共演の橋本さんは割と平気そうだったので泣)。

あとは、点で発音される打楽器同士の演奏なので、
ほんのちょっとのタイミングのズレもすごく目立つ!!
線で音が出る弦楽器や管楽器、声楽と合わせる時には
全く問題にならない程度のズレでも、ピアノ同士では致命的です。
ミクロの単位でタイミングを合わせていく作業は連弾ならではの緊張感だと思いました。

続いては連弾の楽しかったところ~♪
それは何と言っても「一緒に弾いてる感」!
これが2台ピアノとなると、物理的な距離も離れているし、
音の聞え方も結構離れて聞こえるので、
共演というよりは「競演」といった感覚に近いものがあります。
他楽器との室内楽だって、すぐ近くで弾いているのに、
本番特有の緊張感も手伝ってなんだか別々に弾いているような孤独感に
陥って怖くなることがあります。
でも連弾は常に互いの身体が触れているような距離の近さだし、
何より「同じ楽器を共有している」感覚は、他のアンサンブルでは得られない
親密さだと思いました。
一人っ子である私のあくまで想像ですが、
他のアンサンブルが「兄弟」や「夫婦」の関係なら、
連弾は「双子」といった感じでしょうか~?
だから常に一緒!という安心感で本番もほとんど緊張しなかったのは、
自分でもオドロキでした。

アンサンブルひとつとっても、こうやって編成によって
醸し出される関係性や音楽がこんなにも違って、
それを生かして作曲家も曲を書いているのだなと思うと、
ますます音楽の奥深さを感じました。

会場のムジク・ピアフォーヌさんで弾かせて頂いたのは
息子がまだお腹にいた時だからもう4年くらい前ですが、
相変わらずとても素敵。

2020120711275950f.jpeg

こちらでは東京にいる時から、何度かレクチャーコンサートをさせて
いただいていたのですが、
オーナーさんも覚えてくださっていて嬉しかったです。
またいつかこちらのピアノで演奏させていただくことがあるかな~。

8月からほぼ毎月のように大きな演奏会があったので、
これにて今年の本番は終了…!
振り返れば色々と反省点もありますが、ひとまず無事に終えられて
安堵感でいっぱいです。
お話をくださったみなさま、聴いてくださったみなさま、
そして普段から支えてくださるみなさま、
ありがとうございました♪♪

11月終わり!

音楽
11 /30 2020
今日で11月も終わり!
思えば、11月1日にはロダン館でのコンサートがあり、そうこうしているうちに
ブラームス協会のための練習が始まり、そしておととい無事研究室コンサートが終わったのでした。

20201130132155256.jpeg

みんなそれぞれ「間に合わない!」とか「思うように弾けない…」など悲喜こもごもあったようですが、
とりあえず笑顔で終わることができて、そして何よりもこのような状況下で
無事に開催することができてよかったです。
研究室コンサートのチラシは市内のホールや楽器店さんにちょっとずつ置かせていただいていたのですが、
その効果か、思っていたよりも(出演者の関係者以外の)お客さまがいらしてくださり
嬉しい驚きでした。
人前で弾くのは緊張するし、弾くのが嫌になってしまうこともあるけど、
やっぱり誰かに聴いてもらえるのは達成感があるし、気持ちがいいね!
ご来場くださった皆様に御礼申し上げます。

今年は私も、学生たちとの8手!連弾と、ブラームス協会のコンサートでも共演していただく橋本さんと連弾で
出演しました。

202011301312508d6.jpeg

今年はコロナで多くのイベントやコンサートが中止になりましたが、
不思議なことに(というより有難いことに、ですね)私自身はむしろ例年以上に
演奏の機会を与えていただいたような気がします。
その分、研究面や私生活では取りかかれなかったことがたくさんありますが…。
とにかく予想外すぎてあっという間に過ぎてしまった2020年最後の本番が、
1週間後に迫ったブラームス協会。。
もうひとふんばりして、あとは心穏やかに年末を迎えたいと思います

日本ブラームス協会の例会

お知らせ
11 /26 2020
日本ブラームス協会では、年に何度もブラームスに関連した演奏会や講座を開催しているのですが(私も会員です)、
来月6日に行われる例会(コンサート)に出演させていただきます!

2020-11-26 17-03-18

日本ブラームス協会のHPからも詳細をご覧いただけます。

ブラームス協会の例会では毎回、ブラームスのちょっとめずらしい作品や、
ブラームスに関連する作曲家の曲をめずらしい編成で演奏したりしています。
確か前回出演させていただいたのは3、4年前のような気がしますが、
その時はシューマンのピアノ協奏曲を2台ピアノバージョンで演奏しました。

今回演奏するのは、
・ブラームス シューマンの主題による変奏曲 Op.23(連弾曲)
・シューマン ピアノ四重奏曲 Op.47(ブラームスによるピアノ連弾版)
ですが、両方ともなかなかレアでマニアックな曲だと思います。

まずブラームスの「シューマンの主題による変奏曲」ですが、もとになっているシューマンの主題というのは、
シューマンが最晩年に幻覚や幻聴に苦しんでいた時、「天使の声が聞こえた」と言って書き留めた主題のことです。
シューマン自身も、この主題をもとにした変奏曲を書いているのですが、
ブラームスも同じ主題を使って変奏曲を書いたというわけです。
ブラームスは、シューマンの他の主題を使った変奏曲を他にも書いており、
シューマンに対する並々ならぬ敬愛や執着?を感じます。

2曲目のピアノ四重奏曲は、シューマンの名曲中の名曲なのですが、
本来はピアノ、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロで演奏されるこの曲をブラームスがなぜかピアノ連弾用に
編曲しています。
家庭で室内楽を気軽に楽しむために編曲したのか、
それともシューマンの作曲技法を学ぶために編曲してみたのか、
なぜあえてこの編曲にブラームスが挑んだのかは謎ですが(おそらくコンサート当日の西原先生のプレトークで
そのあたりの経緯も明らかにされると思います)、
これまたブラームスのシューマン愛をひしひしと感じます。

ちなみに、私は1曲目の変奏曲も、2曲目のブラームス版のピアノ四重奏曲の存在も知りませんでした。
ブラームスのような超メジャーな作曲家のピアノ曲であっても、
まだまだあまり知られていない曲があるのだなぁと実感します。
このようなマニアックな曲の演奏が聴けるのも、ブラームス協会ならでは!

私はプログラムの後半でこの2曲を、門下の後輩でもある橋本知佳さんと演奏しますが、
前半は、バリバリの実力派若手(現役音大生!)による、ベートーヴェンのピアノ協奏曲3番(2台ピアノバージョン)で、
かなりガッツリ、聴きごたえのあるコンサートになりそうです。

12月6日、午後2時開演。会場は駒場東大前のサロンホールです。
コロナの関係で客席をかなり減らし、基本的には会員以外にはあまり告知していないコンサートですが、
私の手元に招待券がございます。
もしご興味のある方は私までご連絡ください♪



広報誌に研究室の卒業生が載っています

大学
11 /18 2020
静岡大学の広報誌『SUCCESS』の「活躍する先輩たち」というコーナーに、
研究室の卒業生が掲載されています!

コチラからご覧になれます♪

在学中から「音楽が好き!」「子どもが好き!」という気持ちを強く持っていた彼女、
現在は市内の小学校で子どもたちに囲まれて忙しい毎日を過ごしているようです。

在職年数が増えるとそれだけ教え子も増えるというわけで
(歳を取るのは嫌ですが)、やはり頼もしいし嬉しいです(*^^*)

《ソナチネ》がYouTubeで聴けます♪

お知らせ
11 /16 2020
先日のロダン館でのコンサートで演奏した長谷川慶岳先生の新曲《ソナチネ》が、
YouTubeでお聴きいただけます!
長谷川先生がアップロードしてくださいました(*^^*)




yukarigoto

ピアニスト後藤友香理のブログです。
音楽のこと、好きなもののこと、いろいろ書いていこうと思います!

オフィシャルサイト
http://www.yukarigoto.com/