今日午後7時です!

お知らせ
08 /28 2020
いま北海道です^_^
静岡のうだるような暑さからしばし逃れて、北の大地に到着や〜!と思ったら、
札幌もそれほど変わらないくらい暑く、
今年はどこも猛暑なのかしら…と思った次第です。

昨日はホールに到着し、まずはピアノ選び。


20200828070019f7a.jpeg


スタンウェイのフルコンが2台も置いてありました。
私は左のピアノを弾くことにしました。

客席はこんな感じ。
20200828070131293.jpeg


今日の午後7時から、札幌市の「ザ・ルーテルホール」です♪

合わせ

音楽
08 /15 2020
ちょっと前に合わせをしました〜!

202008150907461c7.jpeg


私の顔ばかりが前面に張り出していますが(立つ位置失敗した…)、
カウンターテナーの藤木大地さんです!
ちょうど昨日放送された「らららクラシック」という番組でも
特集されていたので、ご覧になった方もいらっしゃるのでは?

共通のお友達(私がいつもお世話になっている声楽の大石ご夫妻)のご紹介で、
今度共演させていただくことになりましたので、
そのための合わせを先日行いました。

初めましての方! しかも有名人!! と緊張しましたが、
1曲1曲ごとにとても深い信念と解釈をお持ちで、
しかもそれを分かりやすく的確に音楽でも言葉でも伝えてくださるので、
やはり第一線で活躍する方は個性も知性も柔軟性もすばらしいなぁと感服いたしました。

そして何よりプログラムも素晴らしくて、こんな素敵な曲があるなんて…と毎回思いながら練習しています。
音楽の歴史の中では、歌が何よりも勝ると考えられたり、反対に器楽が優位に立つこともあったり、
同じ音楽でありながら声楽と器楽は少し異なる性質を持っていますが、
やっぱりどうしても歌でしか表現できない世界ってあるんだなぁと、
声楽家の方を前にするといつも圧倒されます。
藤木さんの歌を聴きながら自分も一緒に弾くことで、藤木さんの世界観の中に入っていけることに幸せを感じます♪

演奏会の詳細はまだお知らせできませんが、近々こちらでもお知らせさせていただけるのを楽しみにしています。

コンサートで演奏する曲目

音楽
08 /12 2020
8/28の札幌でのコンサートで演奏する曲目は
・ベートーヴェン チェロソナタ2番
・シューベルト アルペジオーネ・ソナタ
・ショパン チェロソナタ
です!

チェロの村上智美さんとは大学時代にペアを組んで室内楽を勉強していた時期があったのですが、
ベートーヴェンとシューベルトはその時に一緒にレッスンを受けた懐かし〜い曲。
アルペジオーネは、シューベルトの微笑みも涙も全部凝縮された本当に美しい曲だし、
ベードーヴェンの2番も充実したなかなかの大曲です。

ショパンのチェロソナタは、私にとっては初めて譜読みをする曲でしたが、
さすがメロディスト・ショパン…ピアノとチェロのどちらが主旋律なのかが分からない箇所がいくつもあって(どちらの旋律も美しい⭐︎)、
弾きながらの交通整理が大変な曲です。
ですが、村上さんを引き立てつつ、自分も華を添えられるよう頑張ります。

考えてみれば、ベードーヴェンもショパンも今年はアニバーサリーイヤー。
よく考えられたプログラムだなぁ!(考えたのは村上さん^o^)

学生時代にはソロと同じくらい(むしろソロよりたくさん?)時間と熱意を傾けていたアンサンブル。
今でも大好きですが、学生時代に一緒に弾いた仲間たちと演奏する機会はすっかりなくなってしまって、
そうした意味では村上さんが久々でした。
初めましてのお相手とのアンサンブルも新しく知っていく楽しみがあって刺激的だけど、
昔一緒に勉強した仲間との合わせは、何も言わなくても自然にすっと分かり合える阿吽の呼吸があって心地いい!!

村上さんと一緒に演奏すること自体、10年以上ぶりでしたが、
合わせをしながら「懐かしいね〜」と、しきりに言い合いました。
お互い育児と練習時間の確保に苦しんでいますが、良い時間をお届けできればと思っています!


札幌でのコンサート

お知らせ
08 /11 2020
このような状況ではありますが、学生時代の友人に声をかけてもらって
このようなコンサートに出演します。

20200811153630519.jpeg


こちらはもともと今年の4月に東京で予定されていたコンサート(このブログでもお知らせしました^ ^)
でしたが、延期につぐ延期で、8月に札幌公演、9月に東京公演、ということにしていました。
ですが、村上さんの判断で9月の東京公演はまた延期して、
とりあえず札幌公演だけでも行うことにしました。
というわけで、月末は村上さんの本拠地、札幌へ行って参ります!
人前での久しぶりの本番、きっと緊張するでしょうが、それよりも会場で演奏するという気持ちよさが優ってくれますように…⭐︎
楽しみです♪

いかがお過ごしでしょうか?

未分類
08 /04 2020
こんにちは。
梅雨も明けて本格的な夏がやってきましたが、皆さまお元気でお過ごしでしょうか。
前回のブログから世の中いろいろなことが起こり、すっかりご無沙汰してしまいました。
どうにもすっきりしない気持ちを抱えたまま、1年の1/2ほどが過ぎていったことに改めて驚きを感じます。

音楽業界では、たくさんのコンサートが中止や延期になってしまった一方、コンサートのネット配信や、ネットだからこそできる動画作品など、新しくて面白そうな試みも始まっています。

私はといえば、そのような先端からはすっかり取り残されているのですが、
年度始めから大学のオンデマンド授業の対応に追われておりました。
一から準備をすることになりどうなることかと思いましたが、前期授業が終わってみて、「(授業によっては)これはこれでアリだな」という感想を持っています。
教員と学生、学生同士の触れ合いを持ちにくいのがオンデマンド授業の最大の欠点で、これを完全に解消できないのは確かです。
でもその点を抜かせば、工夫次第で幅広い学びや学習内容の定着に大きなメリットがあるように思います。

私が今年度持っていた授業に、他学部の学生も受講する教養系の講義があるのですが、
普段の授業では音楽を聴かせようにも授業内ではサワリしか聴かせられないし、
受講人数が多すぎて、授業中居眠りしようが内職しようかいちいち管理しきれず、
90分の授業が終われば次の回までおそらく学生は授業のことなんて完全に忘れていたでしょうが、
オンデマンド授業+課題をセットにすることによって、課題をこなすために
必然的に自分でたくさんの音楽を聴く必要が出てきて、
結果的に「クラシック音楽について自分なりに『分かって』きた」という感想が多く上がりました。
それを見て、実は例年の対面授業より受講生は音楽に対する興味や理解が深まっているのかも…と感じました。
もちろんそうでない例もあるでしょうし、現にレッスンなどの実技科目は絶対対面に分がありますが、
今回の試みは自分の中でも授業のことを考える上で良い経験になりました。

私の職場では、後期はオンデマンド授業と対面授業が混在することになりそうです。

そして! 夏〜秋〜冬にかけて、演奏会の予定もいよいよ入ってきました!
感染拡大の状況を見ながら…でしょうが、今のところはどれも開催予定のようですので、
徐々にこちらでお知らせできるかと思います。

また皆さまと会場でお目にかかれるのが楽しみです。
どうか引き続き身体に気をつけながら、元気に夏をお過ごし下さい♪

yukarigoto

ピアニスト後藤友香理のブログです。
音楽のこと、好きなもののこと、いろいろ書いていこうと思います!

オフィシャルサイト
http://www.yukarigoto.com/