連弾での本番

音楽
12 /07 2020
日本ブラームス協会主催のコンサート昨日無事に終演しましたー!

20201207112809e45.jpeg
(理事の西原先生、共演の橋本さん、譜めくりすとさんと一緒に)

思えば、これまで2台ピアノではあっても連弾での本格的なコンサートって
経験したことがなかったような…。
私にとっては、これまで連弾は気の合う友達と遊びの延長線上で
楽しむものだったので、今回ほど連弾でがっつり合わせをしたり、
重いプログラムを演奏することはなかったのです。
ですので、私にとっては連弾の面白みや難しさを改めて知る貴重な経験になりました。

まず何が難しいかって、普段は一人で弾いてるピアノを二人で
共有するわけですからとにかくパーソナルスペースが狭い!!
今回弾いた2曲が特にそうだったのだと思いますが、
まぁ演奏中にお互いの手が交差したり、
指がぶつかることがしょっちゅう。
譲り合いの精神と、いざとなったら相手の指を踏んづけてでも
自分のメロディーを弾き切る強さが必要でしょうか(笑)。
あとは、お互いピアノの中心位置に座れるわけではないので、
常に身体をちょっとひねりながら演奏することになります。
この態勢が地味にキツくて、この1カ月で私は腰や肩がバキバキに
なりました…(でもこれは私の日ごろの運動不足と加齢に
依るものかもしれません…共演の橋本さんは割と平気そうだったので泣)。

あとは、点で発音される打楽器同士の演奏なので、
ほんのちょっとのタイミングのズレもすごく目立つ!!
線で音が出る弦楽器や管楽器、声楽と合わせる時には
全く問題にならない程度のズレでも、ピアノ同士では致命的です。
ミクロの単位でタイミングを合わせていく作業は連弾ならではの緊張感だと思いました。

続いては連弾の楽しかったところ~♪
それは何と言っても「一緒に弾いてる感」!
これが2台ピアノとなると、物理的な距離も離れているし、
音の聞え方も結構離れて聞こえるので、
共演というよりは「競演」といった感覚に近いものがあります。
他楽器との室内楽だって、すぐ近くで弾いているのに、
本番特有の緊張感も手伝ってなんだか別々に弾いているような孤独感に
陥って怖くなることがあります。
でも連弾は常に互いの身体が触れているような距離の近さだし、
何より「同じ楽器を共有している」感覚は、他のアンサンブルでは得られない
親密さだと思いました。
一人っ子である私のあくまで想像ですが、
他のアンサンブルが「兄弟」や「夫婦」の関係なら、
連弾は「双子」といった感じでしょうか~?
だから常に一緒!という安心感で本番もほとんど緊張しなかったのは、
自分でもオドロキでした。

アンサンブルひとつとっても、こうやって編成によって
醸し出される関係性や音楽がこんなにも違って、
それを生かして作曲家も曲を書いているのだなと思うと、
ますます音楽の奥深さを感じました。

会場のムジク・ピアフォーヌさんで弾かせて頂いたのは
息子がまだお腹にいた時だからもう4年くらい前ですが、
相変わらずとても素敵。

2020120711275950f.jpeg

こちらでは東京にいる時から、何度かレクチャーコンサートをさせて
いただいていたのですが、
オーナーさんも覚えてくださっていて嬉しかったです。
またいつかこちらのピアノで演奏させていただくことがあるかな~。

8月からほぼ毎月のように大きな演奏会があったので、
これにて今年の本番は終了…!
振り返れば色々と反省点もありますが、ひとまず無事に終えられて
安堵感でいっぱいです。
お話をくださったみなさま、聴いてくださったみなさま、
そして普段から支えてくださるみなさま、
ありがとうございました♪♪

yukarigoto

ピアニスト後藤友香理のブログです。
音楽のこと、好きなもののこと、いろいろ書いていこうと思います!

オフィシャルサイト
http://www.yukarigoto.com/