オーケストラの面白楽器

音楽協同組合
10 /25 2017
今日の音楽協同組合は前回に引き続き、オーケストラ特集。
今回はちょっと珍しい楽器たちをご紹介しました。
番組では、チェレスタの使われているチャイコフスキーの「金平糖の踊り」、
ムチを使ったラヴェルのピアノ協奏曲、
タイプライターの登場するアンダーソンのその名も「タイプライター」、
カッコウなどの鳥の鳴き声がたくさん聞こえるヨハン・シュトラウス二世の「クラップフェンの森で」を流しました。

でもこの他にもまだまだ面白楽器を使った面白曲はたくさんあります。

いつの時代も、作曲家は「まだ誰も聴いたことのない音色を聞かせたい」、「誰も聴いたことのない音楽を生み出したい」という思いを持っているんですね〜
ベーシックな楽器を使いながらも、特殊な奏法を用いることで、不思議な音を奏でることに成功した例もあります。
たとえばヴァイオリンの胴を手で叩いたり、
ピアノの弦の上に紙を置いて(!)演奏させたり…音の可能性は無限大です。

またいつか、面白楽器や面白奏法シリーズをやりたいと思います(*^^*)

yukarigoto

ピアニスト後藤友香理のブログです。
音楽のこと、好きなもののこと、いろいろ書いていこうと思います!

オフィシャルサイト
http://www.yukarigoto.com/