シューマンのピアノ協奏曲を2台ピアノで…☆

音楽
01 /31 2017
ブラームス協会のコンサート、先日無事に終わりました!

20170130091641d98.jpg

はい、また同じドレスです(笑)
お隣は今回オケパートをピアノで担当してくれた西川みらいちゃん。
同門のうーんと後輩です。
オケ伴奏をピアノ編曲したものは、弾きにくいわりに演奏効果が低くて私も苦手なのですが、
今回快く引き受けてくれました。

シューマンのピアノ協奏曲は、協奏曲といってもピアノとオーケストラが室内楽的に絡む場面が
かなりあって、そこがこの曲の魅力の一つでもあると思うのですが
今回は2台のピアノで演奏するということで、よりそのことを強く意識しながら演奏しました。

この曲はシューマンの妻、クララ・シューマンによって初演されたそうです。
もちろんその後もクララは何度もこの曲を演奏して夫の作品を世に広めたと思うのですが、
驚くべきはクララが8人もの子どもを妊娠・出産しながら演奏活動を続けていたということ。
特にこの曲が初演された1840年代は常に妊娠しているような状態!でヨーロッパ中を
演奏活動していたはず。
当日、聴いてくださったお客様から「クララ・シューマンもきっと今のあなたのように大きなお腹で
この曲を演奏していたのね」と声をかけていただき、このことに気がつきました。
改めてクララの偉大さと豪快さには驚嘆するばかりです。
妊娠中は、集中力が最後までもたなかったり、体調によっては思うように練習のできない日があったり、
なってみて初めて経験した苦労もありましたが、
この日は不思議な安定感が自分の中であり、二人分のパワーで演奏できたような気がします。
1月の中旬から毎週末本番が続き、その中でもこの日が一番気の張る本番でしたが、
このような形で終えられてとても嬉しく思います。

さて、今週末は連続する本番の最後、
歌のコンサートの伴奏です!

2017011923000239f.jpg

10月から大小の本番合わせて計6回このドレスを着ることになりますが、
これだけ着れば元が取れた気がします(笑)

昨日、歌の大石ご夫妻と合わせを行いましたが、とっても楽しいコンサートになりそう!
当日が楽しみです♪


yukarigoto

ピアニスト後藤友香理のブログです。
音楽のこと、好きなもののこと、いろいろ書いていこうと思います!

オフィシャルサイト
http://www.yukarigoto.com/