有川浩 『図書館戦争』シリーズ

今日の一冊
05 /26 2013
最近、作品が次々と映画化・ドラマ化されている有川浩さん。
私も、映画『図書館戦争』になんとなく興味を覚えて原作を読んでみました。

61npb0oxjdL__SL500_AA300_.jpg

行き過ぎた検閲制度がまかり通る近未来の日本が舞台で、
検閲から本を守るため武装化した図書館隊と、検閲側との抗争を描いたお話
…と書いてしまうとなんだか奇想天外なストーリーです。
ですが、読みたい本が読めない社会になったら…とか、
これは読んでいい・読んではいけないという基準が国によって勝手に決められたら…と思うと、
この小説の設定にも共感を持って読むことができます。

小説というよりは、むしろドラマとか漫画を読んでいるような気分で
一気に読めてしまう作品です。
最初は漫画っぽい文体に少し違和感を覚えましたが、私は登場人物たちにすごく感情移入して
読んでしまうタチなのでけっこうハマってしまい、一日一冊ペースで
全6巻を6日間で読破してしまいました

その読みやすさからか若い読者も多いみたいで、学生の中にも『図書館戦争』を
読んでる人がけっこういます。
学生と思わず時間を(ついでに年齢差も)忘れて、好きな登場人物やシーンについて
話している時間はすごく楽しかったりします 

主に女子にオススメです

yukarigoto

ピアニスト後藤友香理のブログです。
音楽のこと、好きなもののこと、いろいろ書いていこうと思います!

オフィシャルサイト
http://www.yukarigoto.com/