台湾旅行①

旅行
01 /08 2012
年が明けてしまったのでもう去年の話になってしまいますが、
年末に母と2泊3日で台湾に行ってきました!

母娘二人旅はここ数年恒例になっていて、
これまでに旅したのは
沖縄2回、九州、青森…と全て国内だったのですが、
今回は初!海外進出してみました

出発は羽田空港から
私は羽田が新しくなってから初めて来ました。
中がプチ江戸村のようになっていて、
時代劇好きの私は思わず猛烈に写真を撮ってしまいました

20111225085735.jpg

しっかり空港を満喫して、さらに飛行機の中でもまだ観ていなかった
「ハリーポッター死の秘宝part2」を見て(実はpart1も見ていなかったため
イマイチ理解できない部分も多く、なんと帰りの飛行機でも
同じ映画を見ました。これでハリポタはもうバッチリ笑)、
約4時間で台北に到着。近いですね

私たちはフライトとホテル、ホテル⇔空港間の送迎だけ付いた
フリープランを予約したのですが、旅程表を見ると
行きも帰りもホテルと空港の間に土産物屋に立ち寄ることになっており、
さらに「土産物屋への立ち寄りを放棄することはできません」
と書いてありました。
なので、空港に着くなり何はさておきお店へ連れて行かれました。
きっとここでたくさんお土産を買わされるんだろうな~と
覚悟はしていたのですが、
ガイドさんと土産物屋のおばちゃんのセールストークがとにかくすごい!

ガイドさん(もちろん日本語ペラペラ)は私たちにぴったり張り付いて
「アレ買えコレ買え」と猛烈アピール。
ガイドさんをやっと思いで振り切ったと思うと、
今度はお店のおばちゃん(けっこう日本語うまい!)も
「アレ食えコレ食え」といろんなものを試食させてくれます
結局カラスミや台湾茶をたくさん買ってしまい、せっかく両替した台湾元を
ここでけっこう使ってしまいました
でもカラスミもお茶もとってもおいしかったです

朝のフライトで日本を出発し、お昼過ぎに台北に着くので、
私たちは夕方5時に出発する現地のバスツアーを予約していました。
余裕だろうと思っていたのですが、
お土産物屋でエラく時間を取られ、少々不安になってきた私たち。
さらにお店を出てからもガイドさんの懇切丁寧なセールストークは続き、
ホテルにチェックインしてからも
「免税店に行く時はぜひこのお店を…
だってタクシーの送迎がサービスで、さらにこの券を使うと…」

とか、

「マッサージ店はぜひこの店で…
なぜならよそはお茶しかドリンクが出ないのに、
ここはコーラとコーヒーとジュースがあって…」

と、どうでもいい(失礼)説明が延々続き、
「もう分かったから」とやや強引に話を切り上げようとすると

「コレは大事な話ヨ!」とキレられてしまいました

そして
「小龍包食べるでしょ?
その場合は…」

とさらに話が続きそうだったので
申し訳ないと思いつつ「小龍包は食べません
と逆ギレして(本当は思いっきり食べるつもりだったのですが)
解放してもらいました。
ガイドさんは「え~小龍包食べないの~?」と心底不思議そうな顔をしていました。
ゴメンナサイ

私たちは荷物をホテルの部屋に置いて、急いでバスツアーの集合場所に
タクシーで向かいました。
でも台北の距離感が分からず、思ったより着いてしまい
(だったらガイドさんとバトる必要もなかったのですが)、
時間が余ったので道をブラブラしていると足裏マッサージ店を発見
せっかくなので、クイックコースをやってもらいました。

マッサージ店の中にはテレビが置いてあり、
見てみると台湾では日本の番組がけっこうたくさん放送されていることを発見。
音声はそのままで中国語の字幕がついている場合が多いようです。
台湾では繁体字が使用されているので(中国は簡体字)、私たちもかなり
読みやすく、意味が分かりやすいです。

たとえば、ついこの間まで放送されていたドラマ「謎解きはディナーの後で」は
台湾では「推理要在晩餐後」でした。
なるほど~(笑)

その他にも、台湾のデパートで見つけた面白い言葉はコチラ!↓

20111226133957.jpg

「個性女装」…ヤングファッションのことみたいです。

20111226134049.jpg

子供服売り場のことのようですが「児童趣味」って
なんだか別のことを想像してしまいますよね

足裏マッサージを終えて、いよいよバスツアーへ出発
行先は九份。九份は小さな港町ですが、
「千と千尋の神隠し」のモデルになったとも言われて最近人気のレトロな街です。
一年のうち300日は雨と言われるほど湿気の多いところらしいですが、
私たちが訪れた時は奇跡的に晴れていました。ラッキー

街自体はとても小さく、急な坂道に出店がたくさん並んでいます。
くねくねした細い道にたくさんの観光客、地元の人々、
さらにはワンコたち(なぜか野良?犬がたくさんいました)まで
入り乱れすごい喧噪。まるで色とりどりな迷路の中を走り抜けているような錯覚に陥りました。

DSC00169blog.jpg
↑けっこうアヤシイものも色々売ってる

私たちは「千と千尋~」で湯婆婆の家のモデルとなったといわれている建物
(茶芸館として営業しています)でお茶を頂きました

DSC00165blog.jpg

DSC00150blog.jpg

お店の外には日本人用に湯婆婆とカオナシのお面が飾られていたのですが…

DSC00146blog.jpg
湯婆婆というより湯爺爺??
DSC00147blog.jpg
顔あるじゃん!

…という感じでおもしろかったです(笑)

でも提灯でライトアップされた街並みはレトロで幻想的で素敵でした

続いてバスは夜市へ。
食べ物の屋台、洋服、靴、おもちゃ、アクセサリー、はてはペットまで
ありとあらゆる雑多ものがごった返す超ディープゾーンです。

DSC00176blog.jpg

私はここで500円の靴を購入(笑)
屋台にはその名も臭豆腐という、それはそれはオソロシイ臭いを放つ食べ物が
売られていて、しかも地元では人気なのか
何軒もお店が出ているので、
私と母は歩きながら臭豆腐の臭いを検知すると「来たよっ!」と叫び
息を止めて通り過ぎるという技を覚えました。

台湾初日は、ガイドさんとの攻防、足裏マッサージ、九份ツアー、
茶芸館で台湾茶を味わい、夜市では恐怖の臭豆腐体験…となかなか
盛りだくさんの内容で、ホテルで死んだように眠りました…。

2日目に続く!!

yukarigoto

ピアニスト後藤友香理のブログです。
音楽のこと、好きなもののこと、いろいろ書いていこうと思います!

オフィシャルサイト
http://www.yukarigoto.com/