台湾旅行③

旅行
01 /10 2012
初日も2日目も目一杯台北を満喫しているため、
夜は二人ともクタクタでバタンキュー
でもいよいよ最終日です。

最終日はお昼の1時にガイドさんがホテルに迎えに来て空港まで連れて行ってくれる
(空港までの間にまたしても土産物屋さんに連れて行かれますが~)ので、
観光できるのは午前中。

まず向かったのは龍山寺。
台北最古のお寺です。

CIMG3086blog.jpg

中には黒いローブのようなものを来てお参りする人がたくさん!
大勢の方に信仰されているお寺のようでした。

地下鉄を乗り継いて続いて向かったのは孔子廟。
学問の神として孔子が祀られています。
孔子廟の門に三猿を発見!

CIMG3093blog.jpg


20111227095412.jpg
20111227095422.jpg
20111227095443.jpg

日光の東照宮だけじゃなかったんですね
『論語』には「非礼勿視、非礼勿聴、非礼勿言、 非礼勿動
(礼にあらざれば視るなかれ、礼にあらざれば聴くなかれ、
礼にあらざれば言うなかれ、礼にあらざればおこなうなかれ)」という
一節があるそうです。

あれれ、論語には「見ざる、聞かざる、言わざる、」の他に
「やらざる(?)」もあるんですね。
そういえば、孔子廟の門にも三猿の他にもう一体、
両手を後ろに回した猿がいたような…。
てっきり関係ないと思って写真撮るの忘れてた…
というわけで、孔子廟には「四猿」がいます。

門を入ると、とても立派な建物とお庭があります。
本堂の前で笛を吹いている地元のおじいさんを発見
「お上手ですね」と私たちが手をたたくと
「これは尺八で、数年前ワシは京都で演奏もしたんだ」とおじいさん。
なんと「津軽海峡・冬景色」を演奏してくれました
台北の孔子廟で演歌を聞く…。
なんとも不思議な体験をすることができました。

CIMG3096blog.jpg
(↑おじいさんと私)

孔子廟の反対側の門にはさらにたくさんのお猿さんがいました!

20111227101422.jpg
ギター猿?

20111227101433.jpg
弓矢猿?

20111227101446.jpg
馬頭琴猿?

20111227101508.jpg
紙ヒコーキ猿?

20111227101457.jpg
うーん、、、これはパソコン猿?

孔子廟にいらしたらぜひこのかわいいお猿さんたちを探してきてくださいね

次に向かったのは西門町。
ここでチャイナシューズをゲットし、
20111228210532.jpg
その次は永康街。
さまざま飲食店の集まるグルメスポットです。
小龍包の「鼎泰豊」の本店もここにあります。

ここまで、短期間の間に私と母は気力の限りを尽くし
台北を満喫してきました。
九分、故宮といった観光スポットをしっかり押さえ、
足裏マッサージ、シャンプーも体験し、
ショッピングも楽しみました。
残る心残りはただ一つ、「鼎泰豊」の小龍包です。
時刻は11時半。タイムリミットが迫りつつありましたが、
鼎泰豊の本店へ。
が!すごい行列。
店員さんに聞くとあと40分くらいかかるとのことだったので
とりあえず名前を言って予約し、
近くにあるかき氷屋さんに行きました。

台湾式かき氷もまた、台湾に来たら必ず食べたい名物。
とても細かい氷にフルーツがいっぱい乗っていておいしい
20111227115607.jpg

すごい量でしたが見事完食し、満を持して鼎泰豊へ。

鼎泰豊のお店の前は相変わらずすごい人で、しかもまだ順番が来ないとのこと

と、そこで私は知った顔を見つけました!
なんと!! 初日に空港からホテルまで送ってくれたガイドさん!
お互い「あー!」と叫び、次の瞬間
「小龍包食べない!って断言してたのに~」という想いが互いの頭に去来しましたが(笑)、
ガイドさん、「アナタたち、帰りの飛行機間に合うの」と言って
すぐに通してもらえるよう鼎泰豊の店員さんに交渉してくれました~

「謝さん(ガイドさんの名前)すごくいい人だったね~」と母と反省し、
お店の中へ。
中はものすごく混んでいましたが、店員さんがキビキビと働いて
次から次へと蒸籠に入った小龍包を運んでいます。
間もなく私たちの元にも小龍包が。
20111227121846.jpg

う~ん、おいしい
京鼎樓の小龍包より小ぶりで、あっさり上品なお味な気がします。
一緒に炒飯も頼みましたが、こちらもとてもおいしかったです
やっぱり台湾に来たら必ず行きたいお店ですね

謝さんのお力添えもあって、私たちは無事に時間までに
ホテルに戻ってくることができ、
帰りのお土産屋さんもうまくやり過ごし、
空港ではブラックパールティーを飲み、最後まで台湾グルメを満喫して
帰途につきました。

CIMG3107blog.jpg

台北は日本から近いし、人々も親切だし、
観光しやすい町でした。
行ってよかった

来年はどこに行こうか~と早くも次の行先探しに余念のない
私たちです。

yukarigoto

ピアニスト後藤友香理のブログです。
音楽のこと、好きなもののこと、いろいろ書いていこうと思います!

オフィシャルサイト
http://www.yukarigoto.com/