ヨーロッパ旅行記①

旅行
07 /30 2009
7月17日から24日までウィーン~コシツェ(スロバキア)~プラハを回る旅をしてきました。
コシツェでモーツァルトのコンチェルトを演奏する機会を得たので、
そのついでに近隣の国まで見てこよう!という魂胆です。

私はいい歳をして友人と交換日記をしているのですが、
朝に夕に書いたその日記をもとに
ブログでも旅のご報告をしたいと思います


7月17日(金)
今日から私の今年の夏の旅が始まります。
一人で海外に行く時はなぜかいつも出発前に、行くのをやめてしまいたいほど
憂鬱になってしまうのですが、
いったん離陸してしまえばすっかり腹が据わって
ワクワクモード。
今、飛行機の中でこれを書いています。
シベリア上空を飛んでいるらしい。
もう何時間もこのあたりを飛んでいます。
飛んでも飛んでも、いつまでたってもロシアを出ないというところに、
この国のとてつもない広さを改めて感じます。
それにしてもオーストリア航空の、真っ赤なスーツに真っ赤なタイツという制服はいつ見ても謎。


現地時間16時にウィーン着。
2年ぶり3回目のウィーンだけど、その暑さにびっくり!
これでは日本と変わらないではないか!

予約している練習室に行き少しさらってからホテルへ。

私の今回の旅の強ーい味方は電気ポット。
一人で夜にレストランを探してウロウロするのも嫌なので、
スーツケースに大量にレトルト系の食物を詰めていきました。
これを夜な夜な温めて食べようという魂胆です。

というわけで早速お部屋で調理開始。
しかし買ったばかりの電気ポットの使い方の要領がよく分からず、
お湯が噴いてあやうく火傷はするわそこらじゅうを水(お湯?)びたしにするわで大混乱。
果たしてポット大作戦が吉と出るか凶と出るのか今後の展開に激しく不安を感じつつ就寝。
ウィーン1日目が終了しました。



7月18日(土)
私に今回の演奏のきっかけをくださったウィーン在住のTさんとお会いする。
でも今日のウィーンは土砂降りの雨!とても寒かった。
以前も感じたことだけど、ヨーロッパって日によって寒暖の差がすごく大きいような気がする。
前日は暑かったのに次の日は冬のコートを着てたりする。
スニーカーもぐしょぐしょ。
明日は晴れるといいなー


オーバーラーというカフェでお昼。
ウィーンにはカフェがたくさんあって、カフェめぐりをしてお気に入りを見つけるのも
この街の楽しみの一つだと思います。
私は甘いものがそれほど得意ではないので、ケーキはあまり食べないのですが
(高校生の時、友達とお茶をしに喫茶店に入ったのにメニューを見れば見るほど
しょっぱいものが食べたくなって、友達がパフェを食べる中、
一人でラーメンを注文して呆れられたことがあります
オーバーラーはお昼の定食が豊富でお得なので、何度も足を運んだお気に入りのカフェです。
今日のお料理は、ホウレン草のシュペッツェレ(ニョッキみたいな感じ)にトマトソースのかかったもの。

オーバーラー

おいしかったです

7月19日(日) 午前5時半
時差のせいで、連日4時前に起きてしまいます。
頑張ってももう眠れそうにないので、自分の録音を聴いて復習。
今回スロバキアで演奏するモーツァルトのピアノ協奏曲第20番のオケパートを
親友にピアノで伴奏してもらいながら全曲通したものです。
改めて聴いてみるとオケパートがけっこう難しいのに気づく。
きっと親友は忙しい中練習して、送り出してくれたんだなー。
こんなに遠くまで来ても自分は人の好意に支えられているのだと改めて実感。
そうこうしているうちに空が明るくなってきました。
今日は晴れるみたい。
いい一日になりそうな予感。がんばろう

同日 午後10時
私がこちらに来たことはもちろん演奏が第一目的なのですが、
もうひとつの目的はウィーンの映像を撮ってくることです。
10月にNHK文化センターで「シューマンとウィーン」というテーマで
単発講座をさせていただくことになったんです。

シューマンがウィーンに滞在したのはほんの半年ほどなのですが、
その間にたくさんの名曲が作曲しており、これは私の博士論文のテーマでもありました。
練習室は夕方予約していたので、昼間はハンディカム片手に
シューマンゆかりの場所をせっせと撮影。

まずはシュテファン寺院。
大きい!
CIMG1071_convert_20090728223107.jpg

屋根の模様はこんな感じになってます↓
CIMG1081_convert_20090728232901.jpg

ハプスブルク家の紋章である双頭の鷲が描かれています。

シュテファン寺院には南塔と北塔があり、高い方の南塔には階段で上ることができます。
今まで敬遠してきたのだけど、ウィーンの街が一望できるとガイドブックに書いてあり、
これはぜひ皆さんに映像をお見せしなければと張り切って挑戦。
しかし、これが大変…。
中は暗ーくて細いらせん階段が延々343段。
途中で下ってくる人とすれ違うのも大変。
早々に息切れとめまいに襲われる。
でもここでやめたらいい映像が撮れない!とすっかり気分は特報隊で、
なんとか登り切る。
しかし息も絶え絶えにビデオを回す手は震えて映像は乱れ気味。
果たしてちゃんと撮れているのだろうかー。。
上からの眺めはこんな感じでしたー。
CIMG1076_convert_20090728223722.jpg

こちらはモーツァルトやブラームスが住んでいた場所↓
CIMG1082_convert_20090728232047.jpg

シューマンが住んでいた一角はこんな感じです↓
繧0001_convert_20090730111725



まだまだありますが、残りは是非講座にいらしてご覧になってください(笑)


さあ今晩もホテルに戻って調理開始。
今夜のメニューはなんと!中村屋のインドカレー。
と言っても中村屋のレトルトカレーをごはんにかけるだけです。
そしてこのごはんが超優れ者。
そもそもは防災用らしいのですが、パウチに熱湯を少し注いで30分待てば
ホカホカごはんの出来上がり。
カレールーを注いでスピード完成!
これは…感激のおいしさ!!
まさかウィーンのホテルで中村屋のカレーが食べられるとは…。
そういえば以前「世界の果てまでイッテQ」というテレビ番組で、
珍獣ハンターイモトがキリマンジャロ登山中に同じように
こういうご飯でカレーを作って大感激していたのを思い出し、
「アタシは珍獣ハンターかよ」と一人で突っ込みを入れつつ無我夢中で完食。
ポットの扱いも完全にマスターし、ポット生活3日目めでたく終了。

明日はいよいよスロバキアに移動で~す

続くー




yukarigoto

ピアニスト後藤友香理のブログです。
音楽のこと、好きなもののこと、いろいろ書いていこうと思います!

オフィシャルサイト
http://www.yukarigoto.com/