今年の遠足

大学
02 /27 2021
ここ数年、ゼミの追いコンが「遠足型」になってきましたが、今年は浜松にある「ヤマハ イノベーション ロード」に行ってきました〜

「イノベーション ロード」はヤマハ本社ビル内にある企業ミュージアム。
「ここが本社か〜!」と玄関からワクワク。
202102270629170e4.jpeg


入り口にはこんな除菌スプレーが。
鍵盤を押すかペダルを踏むと液が出ます。
202102270629327af.jpeg


そして! ジャーン!
ここが「ヤマハ イノベーション ロード」だ〜!

202102270632083c3.jpeg


そこまで広いスペースではないのですが、見どころはたくさん。
ヤマハの歴史を知ることができるコーナーがあったり、
(最初期のオルガン)
20210227063225b61.jpeg


(1903年のグランドピアノ。今のロゴは「YAMAHA」でスッキリですが、
この当時は「Nippon Gakki Seizo Kabushiki Kwaisha Yamaha Piano Hamamatsu Nippon」
と、とにかく長い!!)
20210227063239112.jpeg


珍しいピアノが置いてあったり、

(ベーゼンドルファーの特別モデル。
見えづらいですが、蓋の内部にクリムトの絵が描かれています)
20210227063258110.jpeg


(譜面台にも!)
20210227063308bf8.jpeg


こんな最先端のキーボードもあり、
2021022706331967c.jpeg


もちろんピアノ以外の楽器もたくさん展示してあります。
202102270633330cb.jpeg


素晴らしいのは、ほとんどの楽器を実際に触れて演奏することができること。

202102270633488e6.jpeg


楽器以外にもヤマハが開発している最新のサウンドシステムを実際に体感できたり、
「体験型ミュージアム」として満喫しました。

オルガンから始まった「ヤマハ」ですが、ピアノ、プロペラ、バイク、家具、管弦打楽器、電子楽器、半導体、スピーカー、音楽教室、音響設計、リゾート開発…などなど、その事業展開は留まるところを知らず、
「木」「音」「生活」をキーワードにこれだけ夢を広げることができるのか…と改めて驚きました。
まさにイノベーション・ロードですね!

20210227063356ef0.jpeg

広報誌に研究室の卒業生が載っています

大学
11 /18 2020
静岡大学の広報誌『SUCCESS』の「活躍する先輩たち」というコーナーに、
研究室の卒業生が掲載されています!

コチラからご覧になれます♪

在学中から「音楽が好き!」「子どもが好き!」という気持ちを強く持っていた彼女、
現在は市内の小学校で子どもたちに囲まれて忙しい毎日を過ごしているようです。

在職年数が増えるとそれだけ教え子も増えるというわけで
(歳を取るのは嫌ですが)、やはり頼もしいし嬉しいです(*^^*)

今年の追いコン★

大学
02 /26 2020
去年から、研究室の追いコンが「遠足型」になっています。
去年はヤマハの工場に行ったので、今年は浜松の楽器博物館か!?と思っていたのですが、
予定していた日がなんと休館日。
代わりに3年生たちが調べてきてくれたのが、食品サンプルの体験学習でした。
というわけで焼津にある葵サンプルさんに行ってきました〜

スイーツのストラップを作る、というコースでしたが、
まず土台を選び、
20200226232706c68.jpeg


次に上に乗っけるパーツを選び、接着剤でとめていきます。
20200226232753997.jpeg


フルーツにドーナツ、プリン、アイス、クッキー、クリームなど小ちゃいパーツがたくさんあって選ぶのも楽しい♪

みんな真剣!
20200226232920e5d.jpeg


仕上がりはこんな感じ。
202002262329576fa.jpeg


その他にも天ぷらのサンプルを作る体験もできて、
202002262331279e9.jpeg


音楽とは何も関係のない遠足ですが、
思った以上に楽しんで来ました。

今年はコロナウィルスの影響で卒業式が開催できるかも分かりませんから、
こうして最後にみんなでワイワイ楽しく過ごせて良かったです。

毎年のこととは言えこの季節になるとなんだかしんみりしてしまいますが、
当の学生たちは新しい生活のことで頭がいっぱい、後ろを振り返っているヒマもなさそうなので
私も前を向いて、また新年度頑張ろうと思います!!

夏が終わってしまいました(^^;

大学
10 /01 2019
前回の更新から相当時間が空いてしまいました

教員免許状更新講習のための準備のお話で話が止まっていたと思うのですが、
あれからせっせと準備をして、さあいよいよ明日だ!という時に、
なんと流行性角結膜炎に感染していることが発覚。
流行性角結膜炎はアデノウィルスの感染が原因の病気で通称「はやり目」とも言うらしいのですが
学校保健安全法により、感染力がなくなったと医師が判断するまでは学校の敷地に入れない疾患に指定されているとか。

というわけで、病院に行った途端に「はい、もう学校の敷地に入っちゃダメです」と言われ、
「…え。明日どうするの?」となりました。
私が病院を出ると看護師さんたちが、私が座った席やら触ったドアノブやらすぐさま消毒していたので、
「本当に感染力が強いんだな…」と実感しました

仕方がないので、あらかじめ設定していた予備日に更新講習を急遽延期させていただくことにして、
その日はしばし呆然。
受講生の皆さまには急な日程変更で申し訳なかったです…。
結局その後2週間近く、目の腫れや微熱、倦怠感に悩まされ、
お盆はアデノウィルスに潰されました

その後も、ようやく治ったと思ったら家の階段から転んで腰を強打したり、
子どもたちがRSウィルスを仲良く感染し合って予定していた
家族旅行をキャンセルしたり、
思い返してみたらなかなかに散々な夏休みでした(笑)
やっぱり健康あっての毎日ですね。
とりあえずみんな元気になったからヨシとしましょう。

で、肝心の更新講習ですが、
記憶をだいぶ戻して前回のブログの続きからざっくりお話しすると、
オルガン模型のために作らなければいけない部品の数に私が途方に暮れていると
見かねた山野辺さんが「…じゃ今日できるところまで一緒に作りましょうか」と
助け船を出してくださり、山野辺さんのご厚意に甘えまくって、
その日1/3くらいを作りました。
「作りました」と言っても、作ったのはほぼ山野辺さんで、
私はせいぜい定規で長さを計って印をつけるとか、作業を見てるとか(←もはや作ってない)、
戦力にはなってません(断言)。

静岡に戻ってからは、ホームセンターや百円ショップを回りまくって、
材料をなんとかそろえ、さて、残り2/3の作業をどうするか…。
木を切ったり穴を空けたりの加工をしないといけないのですが、まず道具すら持っていません。
そこで、職場の技術科の先生にお願いしてご協力いただくことにしました!

同じ学部のはずですが普段、技術科の部屋には全く行ったことがなかったので、未知の世界。
先生もお忙しいでしょうに、何日もご親切に作業に付き合ってくださいました。

201910021020211db.jpeg

しかし、ここでも私の不器用ぶりが。
「これは小学生でもできる作業だから大丈夫!!」と言われて、
やってみたものの「…うん。ちょっと休憩して別の作業しましょうか」と言われるなど、
ポンコツぶりが露呈。
結局ちょっとノコギリで木材を切ったのと、
先生が作業してくださるところで次のパーツを手渡す係(←もはや作ってない)をやったくらいで、
またしても戦力になりませんでした(断言)。

先生にも「なんでこんなに大変なこと、やろうと思いついたんですか?」と
素朴に質問されてしまい、「そうですよね…ごめんなさい。。。」としか言えないのでした。
本当にありがとうございました!!
モノを作るのってこんなに大変なことなんだなと、
作ったことのない人間には良い勉強になりました。
同時に、こんなにいろんな方のお力を貸していただいたのだから、
きっと面白い更新講習になるはず!と
やる気を新たにしたところで、流行性角結膜炎が発覚。。(泣) 

→→ 時間を1か月早送りして、
延期した更新講習当日のお話をすると、やらせていただいて良かったと感じる講習になりました。
わざわざ東京から受講してきてくださった小学校の先生もいらして、
みなさんとても熱心(当然のことですが、やはり熱意も力も学生とは違います…)。
6時間の講習のうち模型作りは1時間だけの配分でしたが、
間に作業する時間があると変化がついて、
その間にみなさんとも仲良くなれて和気あいあいと進みました。
後半のオリジナル曲作りも、とてもハイレベル!
やはり現場の先生はすばらしいなぁと実感しました。
更新講習を行うまでドタバタでしたが、結果的には私が一番たくさん体験して、
勉強させてもらいました。

またいずれ更新講習を担当することになると思うので、
またぜひオルガン模型作りを取り入れたいなぁと思う一方、
また部品作りが…と思うと頭を抱えてしまうのでした(笑) 

オルガン模型作り①

大学
07 /27 2019
来月初旬に、大学で行う教員免許状更新講習を担当するのですが、その準備のために
久しぶりにチェンバロ、クラヴィコード製作者の山野辺さんのお宅へお邪魔しました(^^)

山野辺さんには、以前オルガン模型(何年か前にこのブログで紹介したはず)を作っていただいて、
それ以来古い鍵盤楽器について色々教えていただいています。

相変わらず山野辺さんのお宅には、面白い楽器がたくさん!
許可をいただいて色々弾いたり写真を撮らせていただきました。

クラヴィコード
201907251659261a4.jpeg


パイプオルガン
20190725165955a3b.jpeg


自作リードオルガン
20190725170031515.jpeg


鍵盤部分はいわゆる「ピアニカ」で、鍵盤の後ろにあるふいごを、足踏みペダルを踏んで動かして、音を鳴らします。
ふいごが動くのが見えて、仕組みが分かりやすい!
20190725170225141.jpeg


いろんな楽器に囲まれてステキな空間♪♪
20190725170523f61.jpeg


免許状更新講習では、色々な鍵盤楽器の仕組みを知っていただこうと思っているのですが、
オルガンの説明をする際には、簡易版オルガン模型を受講生の皆さんに実際に作っていただこうと目論んでいます。
自分で実際に作ることで、より仕組みが分かるはず!
そしてその模型があれば、皆さん子どもたちに教える時にも使えるんじゃないかな〜と思います。

ただ、トンカチやドリルを握ったことすらほぼ皆無の私には、これをやりたい!という気持ちだけはあっても実際に作るのはとても無理(*_*)
というわけで、どんな模型だったら短い時間で製作可能で、
予めどんな部品をこちらで用意する必要があるか、ご相談に行ったというわけです。

この話は長くなりそうなので、また次回。
超不器用な私が、いろんな方を助けを借りながらどうやって模型作りにこぎ着けることができるか、
乞うご期待!笑

yukarigoto

ピアニスト後藤友香理のブログです。
音楽のこと、好きなもののこと、いろいろ書いていこうと思います!

オフィシャルサイト
http://www.yukarigoto.com/