卒業おめでとう!

大学
03 /22 2019
明日が大学の卒業式です。
毎年この時期になるとなんだかセンチメンタルになってしまいますが、別れがあるということは出会いもあるということ。
それに全国あちこちで卒業生たちが元気に活躍してくれていることは心強いことでもあります。
卒業おめでとう!

さて、いま私の勤める大学では、大学全体にとってとても大きな転換点になる決断が下されそうになっています。
ニュースや新聞などでも最近チラホラ報道されていますが、
まだまだ十分な情報がきちんと外に出ていなくて、判断するための材料が足りないまま、重大な決定がなされることに疑問を感じています。

特に在学生や卒業生の皆さんにとっては自分たちの出身大学のイメージや価値にも大きなダメージを与えるかもしれないことなのに、よく知らない方が多いのではと思います。

こちらの、大学の同窓会ブログ
にも、今回の統合再編に対する在学生の立場からの意見が書かれていますので、
在学生、卒業生、地域の皆様などそれぞれの立場で意見を持っていただけたらいいな…と思います。
なんとなく無関心なまま、いつのまにか大事なことが決まってしまうのが一番悔いの残ることかな、と思いますので!

研究室コンサート、終わりました!

大学
12 /03 2018
今年もおかげさまで研究室コンサートを開催することができました。

20181203150131387.jpeg


静岡大学では数年前から芸術文化課程が募集停止になり、
ピアノそのものを専攻する学生が年々減ってきているので
このコンサートのあり方もそろそろ考えなくてはいけないのですが、
今年は在校生だけでなく卒業生たちも加わってくれて
結果的にはワイワイ楽しい感じになりました。
卒業生たちは、本番前に顔見せがてら一度自宅に遊びに来てくれたのですが
キレイなお姉さんたちに囲まれて息子がデレデレとすごいはしゃぎっぷり!!

褒めてもらいたくてがんばって1人でピアノを弾いてみせる息子↓
20181203151323c76.jpeg


1歳児とは言え、女性が好きというのは男性に埋め込まれたDNAなのだなぁ…とやや呆れ気味にそんな我が子を観察していたワタシです(^^;

当日の演奏は、楽しく演奏できた人もそうでなかった人も悲喜こもごもだったようですが、
結果は結果として受け止め、また次の日からより良くなるように励んでもらいたいなと思います。

打ち上げはなんとテントの中!
20181203151918588.jpeg


ビルの屋上にテントが張ってあり、下のお店から料理を運んでもらうスタイル。
12月の寒空の下、さぞかし寒いかと思いきや
案外快適で、みんなで遭難者になったような一体感?も味わえ、新鮮でした(笑)

ホール取りから打ち上げの手配まで、学生の皆さんは本当にお疲れさまでした!
そして聴きに来てくださった方々や、サポートしてくださった方々、ありがとうございました!!

研究室コンサート

大学
11 /21 2018
今年も研究室のコンサートを開催する運びとなりました


20181119122101f3f.jpeg
12月1日、しずぎんホールユ-フォニアで12:30開演です。
今年は卒業生も何名か出演してくれます。
終演は16:00ごろと長いコンサートですので、どこかでふらっとお立ち寄りいただければ
私も学生たちも嬉しく思います。
どうぞよろしくお願いいたします

AOIで授業!

大学
07 /18 2018
今日は授業の一環で、静岡音楽館AOIへ学生と一緒に行ってきました!
今年度は講義系の授業の受け持ちが多いのですが、
音楽専攻の学生もいればそうでない学生も結構いて、あまり演奏の専門の話ばかりするわけにもいかず、
AOIの学芸員さんに来ていただいて文化政策についてのお話をしていただいたり、
調律師さんに来ていただいてピアノの中身を見せていただきながらお話を伺ったり、
私もできるだけ音楽の「周辺」の話を幅広く取り上げるようにしてきました。
今日はその仕上げ?として、実際にAOIに行って午前中はホールを施設見学、
午後はAOIで行われているアンサンブル講座の聴講をさせていただきました。

何度も利用させていただいているAOIですが、普段はなかなか見られない場所も多く、
やっぱり私が一番興奮したのはチェンバロとパイプオルガン!
チェンバロはうっかりして写真を撮らせていただくのを忘れてしまいましたが、
中国風のとても美しい装飾のあるチェンバロがありました。
木に花が咲いていて、枝に鳥がとまっている絵なのですが、学芸員さんによれば、
「このチェンバロを作るために、本来は花が咲くはずだった樹木を切ってしまったが、
今ではその木が楽器となって鳥のように美しい声で鳴いている」という意味が込められているのだそうですよ!
チェンバロは管理の繊細な楽器なので、一年中気温や湿度を一定に保つのはもちろんのこと、
あまり弾かないでおいてもよくないのだそうで、この日は月に2,3度メンテナンスのために
弾きに来てもらっているというチェンバロ奏者の方が練習中でした。
普段演奏会が行われている時にしか来る機会のないホールですが、
普段はそんなこともしているのですね!

そしてそして! 私が非常に興味のあったパイプオルガンも見せていただきました★
IMG_6132.jpg
たった数日前にトン・コープマンが弾いていたパイプオルガンです♪♪
鍵盤の両側にたくさんストップがついていますね~。
実際にストップを色々操作して、さまざまな音色を聞かせていただきました。

AOIが中規模のホールということで、ここに入っているオルガンも中規模の大きさだそうですが、
パイプの数は全部で2800以上。
一番長いパイプは6メートル、一番短いものは数センチだそうです。
このあたりが一番長いパイプ。
地鳴りのような低~い音がしました。
IMG_6130.jpg

演奏台から見た客席。
オルガン奏者の方たちはこんな感じで客席をみているのですね!
IMG_6148.jpg
実際、かなり高いのでちょっと怖かったです。

この日はなんと! オルガンの中に入らせていただきました!!
時々大仏の胎内に入れることはありますが、なかなか楽器の内部に入る体験ってしないですよね(笑)
IMG_6136.jpg

表からは見えないパイプも中にいっぱい入ってます!
IMG_6139.jpg


長さはもちろんですが、いろんな形や材質のパイプがありますね。
IMG_6141.jpg

IMG_6145.jpg

3階建てくらいありました。

IMG_6143.jpg

もしかしたら学生より私が一番興奮していたかもしれませんが、
彼らなりにいろいろなことを感じて吸収してくれたと思います。

授業で外に出かけたり、外部の方にお話していただくのは今年度が初めてでしたが、
自分の限られた知識だけで話をするのは当然限界もあります。
私には到底知りえないような、いろんな分野の専門家の方々がせっかく周りにいらっしゃるのだから、
これからも積極的にそういう方たちにお話ししていただく機会を授業で作りたいな~と思いました。
私自身も楽しいですしね



追いコン

大学
03 /10 2017
月末に行われる学生の卒業式には出席できませんが、
研究室の追い出しコンパ(追いコン)は先日行いました



今年は卒業・修了する学生が全部で9人!
全員がなんとか無事に出られそうでホッとしましたが、一気に寂しくなりますね〜

しかもなんと各学年で、1年間休職する私にプレゼントや寄せ書きを用意してくれていたようで、
気づけば自分が一番いろんなものをもらって追い出されてしまいました



ひとりひとり書いてくれたメッセージを読みながら、
こんな風に思っていてくれたんだ、と改めて気づいたり、しんみりしたり。
言葉がなくても通じ合う、言葉が邪魔になる時もあるでしょうが、
やっぱり私たちは言葉を日々掛け合いながら暮らしています。

言葉や人の気持ちなんて、その時その時で変化していくものだし
あの時確かにそうだと確信していたことでも、時間が経てば嘘に感じてしまうこともある、
そんな頼りないものだけど、やっぱり私たちはその言葉の積み重ねの中で
関係を築いたり、自分の歩みを確認しながら生活しています。

私も日々、学生たちに教えたり、諭したり、叱ったり、励ましたりしているつもりですが、
それらがどれだけ意図したように彼らに届いているか、あるいは心に残っているかは
自信がありません。
でも、掛けた言葉も、そして私が逆に返してもらった言葉も、
きっとお互いのどこかにちょっとずつ蓄積しているはずだと信じて、
やはり関わること自体をやめてはいけないと感じた一日でした。

みんな、卒業おめでとう。
そして在校生のみんなも4月からの一年、
ぜひ実りある良い一年にしてください

yukarigoto

ピアニスト後藤友香理のブログです。
音楽のこと、好きなもののこと、いろいろ書いていこうと思います!

オフィシャルサイト
http://www.yukarigoto.com/