もうすぐ3月

お知らせ
02 /26 2021
うわ! ずいぶん更新が滞っていました。
皆さまお変わりありませんでしょうか。
私は勤め先の授業も入試関係もほぼ終わり、ちょっぴり春休みモードで花粉症と闘っています。

とはいえ、今月は新しく入会した学会で発表させていただいたり、8月に発表する学会の準備も少しずつ始まり、
相変わらずなんだか落ち着かない日々です。
そして今年は今のところ演奏の予定がめっぽう少なく、ブログを通じて皆さまにお知らせするニュースも
特にないことから、ついついこのブログも放置しがちとなりました。

2020年は本当にコロナに翻弄され通しの1年でしたが、2020年に開催予定だった演奏会はコロナ以前に計画されていたため、
直前まで開催が危ぶまれたり規模が縮小されたりしながらも、大部分が開催できました。
でも2020年のあの状況でその次の年の演奏会を企画する、という気にはなかなかなれず、
結果的に2021年はかなり演奏会が少なくなりそうです。
私がよく拝見していた演奏家さんたちのブログも、ずーっと更新が止まっているものがけっこうあって、
「大丈夫かな…」と勝手に心配しています(「人の心配する前に…」という声が聞こえてきそうですが)。

ですが! 今日は来月に開催されるこちらの講座のお知らせを少し!

20210225105727-0001.jpg

東京の目黒区の生涯学習講座で、しかも応募期間もすでに終わっていてすみません。。
東京音楽大学の武石先生による講座で、私も演奏者として少しお手伝いさせていただきます。
今では習い事としてのピアノを習うことは当たり前、日本人ピアニストもたーくさん世界で活躍していますが、
楽器としてのピアノも、ピアノを習う人たちも、明治時代に入ってから。
海外からの情報が極端に少ない中で、どのようにピアノ生産が始まったのか、
そしてどのようにピアノを学習していったのか、そのあたりの歴史は
今の私たちからは想像できないことも多く、かなりスリリングです。
私は、当時の東京音楽学校の生徒たちが演奏会で弾いていた曲目などを聴いていただく予定です。
久しぶりの東京での演奏で楽しみです。
会場の中目黒GTホールは初めて伺う会場で、それも楽しみ!

日本ブラームス協会の例会

お知らせ
11 /26 2020
日本ブラームス協会では、年に何度もブラームスに関連した演奏会や講座を開催しているのですが(私も会員です)、
来月6日に行われる例会(コンサート)に出演させていただきます!

2020-11-26 17-03-18

日本ブラームス協会のHPからも詳細をご覧いただけます。

ブラームス協会の例会では毎回、ブラームスのちょっとめずらしい作品や、
ブラームスに関連する作曲家の曲をめずらしい編成で演奏したりしています。
確か前回出演させていただいたのは3、4年前のような気がしますが、
その時はシューマンのピアノ協奏曲を2台ピアノバージョンで演奏しました。

今回演奏するのは、
・ブラームス シューマンの主題による変奏曲 Op.23(連弾曲)
・シューマン ピアノ四重奏曲 Op.47(ブラームスによるピアノ連弾版)
ですが、両方ともなかなかレアでマニアックな曲だと思います。

まずブラームスの「シューマンの主題による変奏曲」ですが、もとになっているシューマンの主題というのは、
シューマンが最晩年に幻覚や幻聴に苦しんでいた時、「天使の声が聞こえた」と言って書き留めた主題のことです。
シューマン自身も、この主題をもとにした変奏曲を書いているのですが、
ブラームスも同じ主題を使って変奏曲を書いたというわけです。
ブラームスは、シューマンの他の主題を使った変奏曲を他にも書いており、
シューマンに対する並々ならぬ敬愛や執着?を感じます。

2曲目のピアノ四重奏曲は、シューマンの名曲中の名曲なのですが、
本来はピアノ、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロで演奏されるこの曲をブラームスがなぜかピアノ連弾用に
編曲しています。
家庭で室内楽を気軽に楽しむために編曲したのか、
それともシューマンの作曲技法を学ぶために編曲してみたのか、
なぜあえてこの編曲にブラームスが挑んだのかは謎ですが(おそらくコンサート当日の西原先生のプレトークで
そのあたりの経緯も明らかにされると思います)、
これまたブラームスのシューマン愛をひしひしと感じます。

ちなみに、私は1曲目の変奏曲も、2曲目のブラームス版のピアノ四重奏曲の存在も知りませんでした。
ブラームスのような超メジャーな作曲家のピアノ曲であっても、
まだまだあまり知られていない曲があるのだなぁと実感します。
このようなマニアックな曲の演奏が聴けるのも、ブラームス協会ならでは!

私はプログラムの後半でこの2曲を、門下の後輩でもある橋本知佳さんと演奏しますが、
前半は、バリバリの実力派若手(現役音大生!)による、ベートーヴェンのピアノ協奏曲3番(2台ピアノバージョン)で、
かなりガッツリ、聴きごたえのあるコンサートになりそうです。

12月6日、午後2時開演。会場は駒場東大前のサロンホールです。
コロナの関係で客席をかなり減らし、基本的には会員以外にはあまり告知していないコンサートですが、
私の手元に招待券がございます。
もしご興味のある方は私までご連絡ください♪



《ソナチネ》がYouTubeで聴けます♪

お知らせ
11 /16 2020
先日のロダン館でのコンサートで演奏した長谷川慶岳先生の新曲《ソナチネ》が、
YouTubeでお聴きいただけます!
長谷川先生がアップロードしてくださいました(*^^*)




今年の研究室コンサート

お知らせ
11 /11 2020
今年も研究室コンサートを行います!

20201106175622-0001.jpg

このような状況で開催するかどうか悩んだのですが、学生たちにとって大きな張り合いになりますし、
そもそも関係者ばかりで、どう考えても密にはならない演奏会なので(笑)、
会場のガイドラインを守りつつ安全に開催したいと思います。

会場は数年前に新しくできた、札ノ辻クロスホール。
今年は私も学生に混じって、連弾などで出演しようと思っています!
このホールで弾くのは初めてなので楽しみ♪

相当人が入らない限り、密にはなりませんのでご興味のある方はぜひ学生の頑張りを聴きにいらしてください☆

ラジオ放送のお知らせ

お知らせ
11 /07 2020
10月18日に、マリナート大ホールで行われた「日本製紙 New Wave Concert 藤木大地 カウンターテナーリサイタル」の収録が
明日(11月8日、日曜日)12:00~13:00にSBSラジオで放送されます!
残念ながら抽選に外れてしまった方、ぜひお聴きください。
多分らじこでも聴けるはず…。
本当は、本番後の自分の演奏はできれば(永遠に)聴きたくないタイプですが、私も聴きます!

yukarigoto

ピアニスト後藤友香理のブログです。
音楽のこと、好きなもののこと、いろいろ書いていこうと思います!

オフィシャルサイト
http://www.yukarigoto.com/