今年の遠足

大学
02 /27 2021
ここ数年、ゼミの追いコンが「遠足型」になってきましたが、今年は浜松にある「ヤマハ イノベーション ロード」に行ってきました〜

「イノベーション ロード」はヤマハ本社ビル内にある企業ミュージアム。
「ここが本社か〜!」と玄関からワクワク。
202102270629170e4.jpeg


入り口にはこんな除菌スプレーが。
鍵盤を押すかペダルを踏むと液が出ます。
202102270629327af.jpeg


そして! ジャーン!
ここが「ヤマハ イノベーション ロード」だ〜!

202102270632083c3.jpeg


そこまで広いスペースではないのですが、見どころはたくさん。
ヤマハの歴史を知ることができるコーナーがあったり、
(最初期のオルガン)
20210227063225b61.jpeg


(1903年のグランドピアノ。今のロゴは「YAMAHA」でスッキリですが、
この当時は「Nippon Gakki Seizo Kabushiki Kwaisha Yamaha Piano Hamamatsu Nippon」
と、とにかく長い!!)
20210227063239112.jpeg


珍しいピアノが置いてあったり、

(ベーゼンドルファーの特別モデル。
見えづらいですが、蓋の内部にクリムトの絵が描かれています)
20210227063258110.jpeg


(譜面台にも!)
20210227063308bf8.jpeg


こんな最先端のキーボードもあり、
2021022706331967c.jpeg


もちろんピアノ以外の楽器もたくさん展示してあります。
202102270633330cb.jpeg


素晴らしいのは、ほとんどの楽器を実際に触れて演奏することができること。

202102270633488e6.jpeg


楽器以外にもヤマハが開発している最新のサウンドシステムを実際に体感できたり、
「体験型ミュージアム」として満喫しました。

オルガンから始まった「ヤマハ」ですが、ピアノ、プロペラ、バイク、家具、管弦打楽器、電子楽器、半導体、スピーカー、音楽教室、音響設計、リゾート開発…などなど、その事業展開は留まるところを知らず、
「木」「音」「生活」をキーワードにこれだけ夢を広げることができるのか…と改めて驚きました。
まさにイノベーション・ロードですね!

20210227063356ef0.jpeg

もうすぐ3月

お知らせ
02 /26 2021
うわ! ずいぶん更新が滞っていました。
皆さまお変わりありませんでしょうか。
私は勤め先の授業も入試関係もほぼ終わり、ちょっぴり春休みモードで花粉症と闘っています。

とはいえ、今月は新しく入会した学会で発表させていただいたり、8月に発表する学会の準備も少しずつ始まり、
相変わらずなんだか落ち着かない日々です。
そして今年は今のところ演奏の予定がめっぽう少なく、ブログを通じて皆さまにお知らせするニュースも
特にないことから、ついついこのブログも放置しがちとなりました。

2020年は本当にコロナに翻弄され通しの1年でしたが、2020年に開催予定だった演奏会はコロナ以前に計画されていたため、
直前まで開催が危ぶまれたり規模が縮小されたりしながらも、大部分が開催できました。
でも2020年のあの状況でその次の年の演奏会を企画する、という気にはなかなかなれず、
結果的に2021年はかなり演奏会が少なくなりそうです。
私がよく拝見していた演奏家さんたちのブログも、ずーっと更新が止まっているものがけっこうあって、
「大丈夫かな…」と勝手に心配しています(「人の心配する前に…」という声が聞こえてきそうですが)。

ですが! 今日は来月に開催されるこちらの講座のお知らせを少し!

20210225105727-0001.jpg

東京の目黒区の生涯学習講座で、しかも応募期間もすでに終わっていてすみません。。
東京音楽大学の武石先生による講座で、私も演奏者として少しお手伝いさせていただきます。
今では習い事としてのピアノを習うことは当たり前、日本人ピアニストもたーくさん世界で活躍していますが、
楽器としてのピアノも、ピアノを習う人たちも、明治時代に入ってから。
海外からの情報が極端に少ない中で、どのようにピアノ生産が始まったのか、
そしてどのようにピアノを学習していったのか、そのあたりの歴史は
今の私たちからは想像できないことも多く、かなりスリリングです。
私は、当時の東京音楽学校の生徒たちが演奏会で弾いていた曲目などを聴いていただく予定です。
久しぶりの東京での演奏で楽しみです。
会場の中目黒GTホールは初めて伺う会場で、それも楽しみ!

2021年!

未分類
01 /04 2021
新しい年が始まりました~!!
年末年始だからと言って、我が家の子どもたちがしんみり大人しくするはずもなく、
相変わらずドタバタと冬休みが終わりました(今日から仕事始めでした)。

(↓年明けすぐの日本平動物園。けっこう混んでました。
みんな考えることは同じですね…)
20210104151718625.jpeg


本当は年が変わる前に振り返っておくべきだったのですが、
私にとっての2020年はすごく慌ただしく忙しい1年だったように思います。

コロナの影響で大学の授業のあり方がずいぶん変わり、
それに合わせてパソコンの前に座る時間がずいぶん増えました。
大変だったけど、これまで苦手だったパソコンでの作業にずいぶん慣れたのはよかったかな。
それから、思った以上に演奏の機会も多い年でした。
特に8月から毎月のように大きな本番があり、本当にアップアップしながら
一つずつこなしていった感じです。
準備の仕方や、一つずつのクオリティについては大いに反省の余地がありますが、
もはや毎回同じようなことを言っているので、あまり今後も改善しないのかもしれません。。

大変だ大変だと言いながらずっと走り続けていたおかげで、多くの方が恐らく経験したような閉塞感を
それほど感じずに過ごしてこれたのは幸せなことだったのだろうと思います。
ですがその分、ゆっくりと自分のことを見直すとか、これまでを振り返るとか、
時間をかけて考えたり、自分自身のメンテナンスをすることができなかったのは残念な気がします。
たとえば、昨年の3月に突然恩師を亡くしたのですが、まだその事実すら自分の中できちんと
消化できていないような気がします(自分の中で意図的に避けているだけなのかもしれませんが。
夢には時々出て来てくださいます)。

2021年はもう少し足元を見ながら、じっくりコツコツと物事を進めていける一年にしたいと
思っています。
これまで手をつけたまま放置していたこと、後回しにしていたこと、
うっかり取りこぼしていたものなどを、一つずつ拾っていきたいです。

それからやっぱり健康第一!
今年は私、大きな節目の年齢になります…!
これからますます元気に生き生きと過ごすためにも、
自分の身体を大切にしていきたいと思います。

こちらのブログは相変わらずマイペースな更新となりそうですが、
今年もどうぞよろしくお願いいたします

こんなイベント

静岡
12 /22 2020
近所の図書館で、こんなイベントをやるそうです。

202012241641170a0.jpeg


「大好きなぬいぐるみやお人形を図書館におとまりさせてみませんか?
誰もいない図書館をぬいぐるみたちが大冒険!
その様子を図書館員がこっそり撮影し、お迎えの時にアルバムにしてお渡しします。」

だそうですー!!
誰が考えたんだろう? 面白い!
うちの子どもたちもぬいぐるみ大好きなので、抽選にあたったら参加したいと思います。
この図書館ではこの他にも「図書館で婚活!」というイベントも行われるようで、
参加者同士で業務体験をしたりして交流を深めるようです。
好きな本の話とかで盛り上がりそうですよねー!
独身なら参加したかった…笑

私は学生時代に市立図書館でアルバイトしていたことがあるので、なんとなく図書館の動向には血が騒ぎます^^;
最近の図書館はいろいろ進化しているのだなぁと実感。
最近はお散歩がてら子どもたちとちょいちょい図書館は遊びに行っています。

肉!!

未分類
12 /10 2020
久々に、誰も興味がないであろう私の日常生活の話です。
最近塊肉の調理に凝っています。
え?塊肉?という感じだと思いますが、
お肉屋さんに売っているブロック肉よりさらに大きくて、
2キロくらいあります。

私は子どもの頃からなぜか食べ物を調理したり貯蔵することにロマン?を感じる子で、
『大草原の小さな家』シリーズでも、冬に備えてせっせと干し肉やソーセージを作るシーンに1番萌えた記憶があります。
塊肉の通販のお店をテレビで見て、「塊肉は部位によって焼いたり煮込んだり、捨てる部分はない」と言っているのを聞いて、「(常にクタクタなこの日常に潤いを与えてくれるものは)これだー!!」とある日ピンと来ました(笑)

いざ調べてみると、牛肉は部位によって様々な呼び方があり、食感も味わいも適した食べ方も色々違う!
さらに、塊で買った時にはまず脂やスジを取り除く「お掃除」という作業が必要だということも知り、牛刀を購入。

最初に購入したのはカメノコというかなり赤身の部位。
20201116214917320.jpeg


初めての「お掃除」、うまくできるかしら…と不安でしたが、幸い大してスジも脂もなく、
適当な大きさに切り分けた後、煮込み、ローストビーフ、薄切りにして炒め物…と胃袋の中に収まりました。

続いては肩三角という部位!
2020111621491904a.jpeg


こちらも赤身ながらサシも入っています。
どこがスジでどこが脂でどこが身なんだかよく分からないながらも適当に捌き、
スジ(と思しき部位)はスジ煮込み、あとはステーキ、ローストビーフ、焼肉…とこれまた次々と胃袋へと消えて行きました。

これらの塊肉は真空チルドの状態で届くのですが、普通はそこからスーパーなどに卸し、薄切りやミンチにされて消費者に届くまで何度か冷凍→解凍を繰り返します。
塊肉で購入した場合にはそういう過程を経ていないからか、肉そのものの味がすごく美味しいです!
そして何より肉を捌いたり、いろいろ調理している間に『大草原の小さな家』のお父さん気分を味わえるのがまたよろしい。

次はどんな部位にしよう、どんな料理が向いてるのかしら…と牛刀を握りしめてうっとりする私なのでした。

yukarigoto

ピアニスト後藤友香理のブログです。
音楽のこと、好きなもののこと、いろいろ書いていこうと思います!

オフィシャルサイト
http://www.yukarigoto.com/