無事に…

お知らせ
04 /27 2017
前回の記事からだいぶ間が空いてしまいましたが…
ちょうど1週間前の今日、出産しました!


産まれた直後から、小さな手でこんなにしっかりと握ってくるんですね、感動。。

3400gの男の子でおかげさまで母子ともに健康です。
予定日を過ぎてもなかなか産まれる兆しがなくてヤキモキしたり、
陣痛が始まってもお産がなかなか進まなかったり、
それなりに大変だったような気もするのですが、
今となってはあまり記憶がありません。

ただ、日々この子が元気で無事に育ってくれれば…という思いでこの1週間過ごしています。

これまでは自分の周りのこと、自分の仕事や将来のことが1番の関心事で、そのことで毎日頭がいっぱいでしたが、
そうした価値観がゆっくりと、でもぐるりと変わりつつあるような気がしています。

頼りない親でしょうが、でも夫婦2人で試行錯誤しながら少しずつ、少しずつ、自分たちの家族を作っていきたいと思っています。
もちろん自分の仕事や音楽はライフワークとして引き続き精進しながら!
より豊かな人生を歩んで行けたらなぁと考えています。

ご報告でした☆

Youtubeで聴けます

お知らせ
04 /05 2017
過去3年間にわたって、静岡県立美術館ロダン館で演奏会をさせていただいています。

2017040513270332d.jpg

ロダン館は、初めて訪れた時からこんな静謐な空間があるんだ!と感激したほど素敵な美術館です。
ロダンの作品がこれほどたくさんまとまって、しかも屋内なので良い状態で堪能できる場所は
海外と比べてもなかなかないのでは、と思います。
自然光の入る、天井の高いこの場所でコンサートができるのは素晴らしい体験ですし
毎回この演奏会のために、ロダンの彫刻作品をモチーフにした新曲を初演できるのも
私にとっては刺激的な挑戦です。

新作を書いてくださるのは職場の同僚でもある作曲家の長谷川慶岳先生。
このほど、ロダン館で初演した過去2年間の音源をYoutubeにアップされたそうです

1曲目は3年前のコンサートで初演した「バラの髪飾りの少女」。
実際の作品の画像と一緒にお楽しみください!

02_p1.jpg
(画像は県立美術館のHPからお借りしました)



2曲目は2年前のコンサートで初演した「地獄の門の前に立つ」。
この年は朗読つきのコンサートだったので、曲の合間合間に朗読が入っています。


おそらく今年もロダン館で演奏会をやらせていただくことになりそうで、
どんな演奏会にしようか今からとても楽しみです
毎年11月のはじめに行われる県立美術館の「ロダンウィーク」の一環として
私たちも参加させていただいているのですが、今年はロダン没後100年という
メモリアルイヤーのため、例年よりさらにパワーアップして
さまざまな催しを県美さんの方でも考えているようですよ

また詳細が分かり次第、このブログでもお知らせしていきますね!

いよいよ終盤

未分類
03 /30 2017
マタニティ生活もいよいよ終盤にさしかかりました!
ここまで本当に有り難いことに皆さんから驚かれるほど元気いっぱいで、日々を満喫できています。



これはクジ運のいい夫が当ててくれた高級中華コースの一部。
フカヒレとか鮑とか上海蟹とか、「きっともう一生こんな料理食べられないね」と互いに感涙にむせびながらいただきました(^^;)

大好きなレストランもこれでしばらく食べ納め。




今度いつ来られるかなぁ。。

母に教えてもらって、ガラにもなく編み物にも挑戦してみましたよ!
下手は下手なりにやり始めると熱中するもので、
赤ちゃんのレッグウォーマー(の一部)とポンチョ(の一部…笑)を編みました。
でもさすがに、完成品の画像は載せられません(笑)
冬になったら着せてみよう♪

学生時代の友達とは働き始めてからとんと会う機会が減ってしまったのですが、
同級生が空前の出産ラッシュということもあり(そういうお年頃なんですねー)、
いろんなお宅の赤ちゃん訪問もできました☆
赤ちゃんも、ママの育児の仕方もほんとにそれぞれで、正解はないんだなぁと勉強になりました。

最近聞いた中で一番ジーンとしたのは「赤ちゃんはママを助けるために産まれてくるんだって」という言葉。
まだうちは産まれていませんが、電車で席を譲ってもらえる優しさがこんなに嬉しいものだと分かったり、
これほど穏やかな日々を何年ぶりか分からないくらい久しぶりに楽しんだり、
自分のこれまでやこれからのことを考えるきっかけをもらったり、
すでに色々助けてもらっている気がします。
きっと産まれてからは、こんな殊勝な気持ちも吹き飛んでしまうくらい毎日慌ただしくてイライラするでしょうが、
たまには思い出して深呼吸したいものです。

子どものいない人生も(今までの自分の人生がそうだったように)充実しているし、そうでなくては成し遂げられないようなこともたくさんあるのだと今でも思っていますが、
せっかく赤ちゃんが来てくれることになったのだから、子どもがいなければきっと行けなかったような場所や境地に行けるといいなと思っています。

CD続報☆

お知らせ
03 /26 2017
今日、CDに付属する印刷物が届きました(^^)



これまでコンサートのチラシなどもデザインしてくれた友達の中山ナミ子ちゃんがデザインしてくれています。
ナミ子ちゃんのこだわりがたくさん詰まった、シンプルだけど素敵なブックレットになりました!
CD完成まで後少し! 楽しみです♪♪

そうそう、このブログページのデザインが変わったことに皆さまお気づきでしょうか?
CDの完成に合わせてナミ子さんがホームページも新たに作ってくれているのですが、
ひと足早くこのブログページをリニューアルしてもらいました。
以前のホームページにも愛着があるのですが、
作っていただいてもう10年近く経ち、あの頃から私自身の境遇や心境も色々変化したので、
良い機会だと思い、刷新することにしました。

新しいオフィシャルサイトが完成したら、またこちらでURLをお知らせしますね。
お楽しみに〜☆

3連休

音楽
03 /20 2017
連休中はこんなコンサートに出かけました♪


左は芸大での恩師、植田克己先生の退任記念演奏会、
そして右は学生が受けたコンクールの受賞者コンサートです。

植田先生には学生としては5年間、お世話になりました。
どちらかといえば(どちらかと言わなくても)落ちこぼれでなかなか先生の思うようにならなかった学生だったと思うので、
在学中はなんだか申し訳ないような気持ちで先生に接していましたが、
自分が教える立場になってみると、
出来の良い学生だろうが悪い学生だろうが同じように常に気にかかるし、
自分の学生は同じようにかわいいし、
むしろ手のかかる学生の成長が感じられると余計に喜びが大きいということが分かるようになりました。

出来の悪い割に、学生5年間+助手3年間+非常勤2年と10年間もしぶとく大学に残り続けた私の、芸大での親代わりになってくださった植田先生に改めて感謝の気持ちでいっぱいになりました。

そして先生の、朴訥とした中にある強い信念と細やかな気配りの行き届いた演奏を聴いて、やはり演奏にはその人の人柄や生き方が出るのだと感じました。
自分は素晴らしい環境の中で、偉大な先生に教わることができたのだなと
思い出のたくさん詰まった根津周辺を歩きながらしみじみ感じました。

次の日はよみうり大手町ホールで行われた受賞者演奏会。
初めて行ったホールでしたが、新しくてとっても素敵なホール!



今回受賞した学生は、早くから目標を定めて1年間、それに向けて頑張ってきました。
結果が出ること自体が目的ではないけれど、こんな立派なホールでの演奏という
ご褒美をもらえてよかったね(^^)

新年度の1年間、彼らを直接指導することはできないけれど、それぞれ良い勉強をしてほしいと切に願います!

yukarigoto

ピアニスト後藤友香理のブログです。
音楽のこと、好きなもののこと、いろいろ書いていこうと思います!

オフィシャルサイト
http://www.yukarigoto.com/